はじめに

謹賀新年。 2021年に買って良かったモノを思いつく限り書きます。

1. MSI PS341WU

5K2Kのフラット(曲面ではない)ディスプレイで安価(10万円前後)だったので購入。

4Kディスプレイの精細さとウルトラワイドの幅広さの両取りを実現している。最高。 ただしこのディスプレイ特有の問題として、めっちゃ簡単に像が焼き付いてしまうのと、 PS5とかでHDRをONにして遊ぶと、室温がバカ上がりして夏場はめっちゃ暑くなる。

今買うなら、ちょっと値段が張るがLGの5K2Kウルトラワイドとか買った方が良いと思います!

2. バッファロー版nasne

SONY版nasneをずっと愛用してきたが、古くなってきていつ壊れるか微妙だったり、ストレージも心許ないので、バッファロー版nasneを買った。 容量倍になったしストリーミング画質も良くなったらしい。 最近のアップデートでSONY版nasneからの引っ越しができるようになった。

(↑アフィリエイトリンクです)

3. Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

1万円台前半で買えるLDAC対応の完全ワイヤレスイヤホン。 コーデックによる音質については諸説あるとしても、耳にしっかりハマりさえすれば低音も高音もしっかりしている。 イヤーピースがたくさんついているので、自分の耳穴に合うものをつけられる。

・・・まぁAirPods Pro(所持)とかWF-1000XM4(未所持)のほうが色々良いと思うんですが、 AirPodsはAndroidで使わせる気があんまない(操作がうまくいかない)ので。。。

(↑アフィリエイトリンクです)

4. AfterShokz Aeropex

骨伝導ヘッドセット。メルカリのポイントがかなり余っていたので無理矢理買った。 耳穴に指を突っ込んでも音がなんとなく聞こえるので、ちゃんと骨伝導してる気がする。 頭頂部を支えにするスタンダードなヘッドホンでは長時間装着していると重さや圧迫感で疲れるし、 イヤホンは耳穴を塞ぐので時々(風呂上がりとか)使いづらいことがある。 骨伝導イヤホンはこれらの問題をズバリ解決してくれるので良い。 問題は遮音性が一切ないことと、聞いている音声によって(低音がきつめの音源)は装着部が痒くなる。 まぁ用途に使い分けてって感じですが、ビデオ通話の時はだいたいAeropex使ってます。

ちなみにうちではビデオ通話をWindowsマシンでやっているんですが、 どうもmacOSではAeropexは接続に問題があるとかないとか。

なお、AfterShokzは “Shokz” にリブランドしているらしく、その移行期で旧ロゴ製品が叩き売られてるっぽい。

(↑アフィリエイトリンクです)

5. MacBook Pro (14インチ, 2021)

2020年の初めくらいに出たIntel MacBook Airについてはこういう記事を書きました:

その後、まぁやはりというか、すぐにサーマルスロットリングにぶち当たる問題が出て、操作体験がきわめて悪いということと、その後すぐにApple Silicon搭載のM1 MacBook Airなどが登場し、俺のIntel MBAはいったい何なんだ、、、という気持ちになったんですが、 2021年後半にM1 Pro/Maxを搭載してフォームファクターがリニューアルされたMacBook Proが登場しました。 いい機会だったので買い換えることにしました。Intel Macは売り払いました。

まぁ気が向いたら別記事として書くんですが、発熱がほぼなくて高性能、そしてグラフィック性能もめっちゃ高いということで、満足満足大満足。 重量はMBAと比べて重くなってしまった(1.29 kg -> 1.6 kg)が、性能とバッテリー持ち向上分と捉えて生きていこうと思います。

やっぱ良い半導体・・・最高やな!

まとめ

2022年もいいものを買おうと思います。