けいまさんですけど

死ぬ気でやってりゃ、そりゃ死ぬわ

はじめに

謹賀新年

WindowsとLinuxが共存している環境で、Windows側でBluetoothがモジュール(ドライバ)ごと見えないときの対策

Linux側でBluetooth切ってないですか?切ってるとWindowsで見えなくなる。

これは共存環境だったのをリカバリメディアつかってWindowsだけにしても起こりうるので、適当なUSBスティックにUbuntu焼いてLinux側からスイッチONにするのが手軽かも。

もしかしたらWindows側からスイッチON出来るかも知れんが、知らん。

そうじゃないならIntel Smart Connect Technologyが悪さしているというFAQにあたるがこれは知ったことではない。

追記 2015/02/12

別の問題として、Windows Updateでうっかり紛れ込んだ東芝のBluetoothスタックを当てるとダメ、というケースが有りました。罠すぎるやろ・・・

はじめに

2014年も残すところあと僅かですね。

そんなわけで、行く年のアニメに思いを馳せます。

謝辞

振り返るに当たって、以下のサイトのリストを見て思い出しながら書きました。

注意

一部、俺は見てないんだけど、そのクールを代表するような作品があるので書いた。

冬(1月 - 3月)

とある飛空士への恋歌

  • 見てない。
  • azuriteが良い曲だな〜と思った

Wake Up Girls!

  • 見てない。
  • 5月に徳島帰ったときに知り合いが見てドハマりしてたのが印象的だった。
    • なおその友人に10月に会ったのでその後を聞いたら熱醒めてて吹いた

この時期の俺はアニメを見ない人だったので、こんな感じです

春(4月 - 6月)

蟲師 続章 (前期)

  • 見てない。見れば良かった・・・

ジョジョ第3部

  • 見てない。録画環境が整ってなかったので、見たかったけど結局見ないままでした。

極黒のブリュンヒルデ

  • 真ん中の1話だけ見た。人?が簡単に死んでて仰天した。

ラブライブ!2期

  • 見てない。

ノーゲーム・ノーライフ

  • 見てない。曲が良かった

ご注文はうさぎですか?

  • 見た。今も見てる。(!???!?!?!?!?!)
    • 追記:感想としてアレすぎるので追記すると、このアニメは話ごとに繋がりがない(おおよそどの回から見ても問題ない)感じで、あんまり頭使わなくて良いのが良かった。リハビリに最適だったと思う。
    • その後、難民化した人々がTwitterでリンク張るたびに視聴してる感じです。

結局まともに見たのがごちうさだけでしたね。。。

夏(7月 - 9月)

ヤマノススメ セカンドシーズン

  • 見た。前期も見てたので必然である。ニコニコチャンネルで見逃した分を購入するくらいには見た。

PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版

  • まだ見てない。録画してあるので正月休みで消化するかも。
  • 1期の再編集版なのだけど、1期は途中までしか見てなかったのでこれを見る
    • これが放送してる時期に似た事件が起きて欠番が出来たのがヤバかった
    • なお欠番回は1期放映中に見た、そら放映できませんわ。。。
  • 追記:正月に一気に見た。とても良かった。
  • ストーリーがしっかりしており、続きがとても気になるため、すぐに次を見るような骨太のアニメだと思った。

このあたりからtorneとか買って環境が整ってきた感がある。

秋(10月 - 12月)

失われた未来を求めて

  • 見た。エロゲ原作らしい。原作知らないのでストーリー楽しめた。
  • 2話などの作画がヤバくてヒョエーってなったけど、まぁハッピーエンドで良かった。
  • 今期の女性キャラの中ではこの作品のヒロインが最高に良い、声も良かったけど原作と違う声優なのかな

Fate/stay night -UBW-

  • 見た。毎週最高の30分を提供してくれるので素晴らしい。
  • ufotable作品は本当に高品質などというワードでは形容できないくらいの緻密さだなぁ
  • 追記:ストーリーも骨太で、続きが気になる感じだったので良かった。

グリザイアの果実

  • 見た。エロゲ原作らしい。ストーリー楽しめたが、ちょっと1話に話を押し込みすぎだったのが残念。
  • 天衝監督はきんモザの監督でもあるが、作品の質が安定してるように思った。
    • 1話の表現にはビビったw「こいつやりよる・・・」とテレビ前でうなった

ガールフレンド(仮)

  • 1話だけ見た。丹下桜の声に癒やされる作品。
    • 追記:2話以降を見なかった理由は、あんまり女の子が動いているだけの作品に共感できないんですよね。。
    • じゃあごちうさなんで見てるんだwって感じだけど、ごちうさはキャラ覚えるのにも頭使わないのでとても良かった。
    • ごちうさ:主役級5人。 GF:主役級たくさん
    • あとGFのキャラに思い入れも特にないしなぁ。。。
    • んー、となるとキャラ覚えるのがおっくうだから見なくなった、ということかも知れないな。。。
  • 声優さん好きな人にとっては素晴らしく有意義な作品だろうな、とは思う。

神撃のバハムート GENESIS

  • 途中まで見た。続きは正月に見る。
  • Twitterで少し話題になってたのでニコ動など使って追っかけで見たが、質が高い。
    • 俺はよく知らないが有名な作家を起用しているっぽい。
  • 実際話もおもしろいので録画しておいた。でもこれ深夜アニメでなくても通用したやろ

寄生獣 セイの格率

  • 見てない。しかし蟲師やってるときに原作のCMが流れてきて、見たさ高まった。

SHIROBAKO

  • 見てない。見れば良かった。。。

PSYCHO-PASS サイコパス 2

  • 録画はしてあるが見てない。正月に見る予定。
  • 追記:見た。雑賀先生が多く出てきたのが個人的にグッド。
    • 雑賀先生はサイコパスのキャラの中で一番好きなキャラです。
  • サイコパス1もそうだけど、骨太なストーリーで良かった。
    • ただ、1は見てて心理的につらくなる描写があったけど、2はそこまででもないか・・・?と思って見てたら最後のほうでやってくれました
  • 劇場版サイコパスはサイコパス2の続きではないので、実は無理して見る必要なかった。

蟲師 続章 (後期)

  • 見た。非常に面白かった。
  • 作画、人によっては気になる人がいたらしいが、俺はわざとああいう感じにしてあるんだと思った。

そんなわけで、眠っていたアニオタの魂が秋アニメの時期に開花してしまいました。
全部nobuokaさんのせいだ

まとめ

そんなわけで、まだ録画分もあるのでアレなんだけど、色々面白かった作品もあって良かったです。
2015年はいきなり艦これやらデュラララやらが控えていて楽しみです。
来年はもうちょっと細かくアニメ見たログを残そうと思います。

関連記事

はじめに

2014年も残すところあと僅かですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
あまりブログを書いてないのですが、折角なので2014年を振り返ってみたいと思います。

振り返るにあたり、twilogの僕のツイートを遡って確認しました。twilogべんりですね。
- Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存

1月

2月

3月

4月

  • iMacをSSD換装して寿命をぐっと引き上げることに成功
  • Team Geekを読んで何かに目覚める
  • マチアプリを作り始める

5月

6月

  • 渋谷あたりで入社しました
  • WWDC見ながらやいのやいの言ってた
  • Google I/O Extendedに参加していた
  • TravisCIのデプロイライブラリdplにPR出して受理される
  • L Previewを入れて色々と検証する

7月

  • 担当していたアプリを無事にリリースする

8月

  • Cardboardで遊ぶ
  • コミケ行ったり、3年ぶりのアニサマ行ったりマジカルミライ行ったりして散財する

9月

  • 特になし
    • 強いて言えばマチアソビの仕込みをしていた

10月

  • Kindleの格安祭で本を買いまくった
  • マチアソビ行ってた
    • ちゃっかりGIGAZINE掲載された
  • 卒業して以来のべるまんに行き涙を流す

11月

  • 特になし

12月

1年を通して

  • 年間通して、AndroidStudioの追っかけをしていた
    • 無事に1.0がリリースされたので良かった
  • 今年もマチアプリが強化されていったので良かった
    • 詳細言及しないが周辺システムも整ってきた
  • アニメの視聴本数が増えてきた
    • いろいろと見た気がします、それでも見てる人と比べるとかなり少ない。
  • ツイートを読み返すに、上半期の自分の発言のアホさというか、低脳さに吐き気がしたので、多少は成長したのだろうか・・・?
    • でも気を抜くと脊髄反射で思いついたことを書き殴るので、たぶん成長したわけじゃないんだろうな・・・

個人的流行語大賞

来年の抱負

  • また何かAndroidアプリを新規リリースしたい
  • 知らない街を旅してみたい
  • マチアプリとその周辺ツールを更に良くしていきたい

はじめに

ぬまさんが突然まさかり投げられたい、と仰った、かどうかは分かりませんが、
まさかりを投げ合う会というのに参加してきました。

ちなみにレビューしたコードは以下。

感想

正直な感想を言えば、「ぬまさんのコード別に問題なくね?」。
しかもProviderとかProviderFactoryとか使ってて良さを感じました。

ただ、typoが目についたのでそれだけ報告しました。

他の方の指摘がけっこう知的かつ嫌味なく進んでいて凄い感じでした。

  • GetCSVクラスって名前どうなん?
  • このメソッドはクラスメンバにしたほうがいいんじゃね?
  • throwしたらCLIに描画されるの?

あと、AkkaをJavaで書いた時にObjectを型として使わざるを得ないケースがあってつらそうだと思いました。やっぱ時代はScalaなのか・・・?

一方僕は、ハッカーズバーで個人的イチオシのラムコークを飲みながら、ぬまさんのコードやレビューの議論を傍聴し、WebStorm環境を作りながら知見を得ていたのでした。

まとめ

もくもく会みたいな感じで酒を飲みながらコーディングするの、TANOSII

image
(Photo by mironal)

はじめに

8月23日に、六本木のHackers Barにて開催されたLive Coding De Nightで登壇してきました。

それはなに

我がブログでもたびたび話題にしていたので、くわしくはそちらも参照。

まぁ一言で言うと、「観衆の前でライブコーディングをするイベント」です。
今回はHackers Barを貸し切り、お酒を飲みながらライブコーディングをするということで、映画「ソーシャルネットワーク」っぽさがありました。I'm bitch!

なにやったの

今回ぼくはGoogleがリリースした「Cardboard」というプロダクトに関するライブコーディングを行いました。

具体的には、Cardboardという段ボールとレンズ他で出来たメガネキットを通して見るための「像」の作成です。
ようするにライブラリを組み込んだAndroidアプリを作成するにはどうするの?という話をしました。

ただ、当初MMDのキャラクターを出そうと頑張っていたのですが、余裕で時間と知識(特にOpenGLの知識がなかったのが痛い)が不足して間に合いませんでした。。。
そこで、お茶を濁してトーラス図形(ドーナツ型)を描画することにしました。

ソースコードはGitHub上に置いてあります。将来的にNyMmdを動かすことも目的としてるので、そのあたりのコードも含んでいます。

まぁ一応は時間内に終えることが出来たのと、実際のCardboardの使い心地も見て頂けたので良かったのですが、どうしてもコピペして終了みたいな感じになったのは、ライブコーディングのイベントとしてイマイチだったので、なんとかしたい感じはあります。。。

まとめ

もう完全にネタが尽きつつあるのと、そろそろ新しい息吹を入れたいので、どっかから人間を拉致してきて登壇させるようにしたいですね。。。